-New York Times-

花火が加えられたコラージュ
ロバータ・スミス
2004年10月7日

日本人アーティストでありイラストレーターでもある藤城清治が、80歳にしてニューヨークでの初めての個展を、カーネギー・ホールの向かい側、西57番街145にある日本クラブのロビー・ギャラリーにおいて開催している。この「光と影のシンフォニー」展は、折り紙のお祭りやディズニーのメドレー、クリスマスのロード&テイラーのショー・ウィンドウの光景を融合したような、まさに抗い難い美しさを私達に見せてくれるだろう。  

藤城を日本のディズニーと呼ぶのは大げさなことではない。 画家として教育を受け、第二次世界大戦後に生計を立てるために影絵の人形劇を始めた作家は、光と影の織りなす効果に強く魅了され、その美しさをアートへと高める方法を模索する。そこで彼は、目眩がするほど複雑なフォルムを切り紙のコラージュでつくり、背後から光をあてる影絵の手法を編み出した。  
彼の宝石を思わせる色調のおとぎ話のようなイメージは、ちょうど私達にとってのホーマー・シンプソンのように、多くの日本人の記憶にしっかりと刻み込まれている。藤城の作品は、新聞や雑誌、童話の絵本、さらには教科書にまで度々使われているからだ。60年代には、彼の人形劇のキャラクターであるカエルのケロヨンがテレビの子ども番組でヒットしている。  
照明がおとされた日本クラブのギャラリーでは、鏡やプールが配置され、作品を二重、三重に映している。藤城の作品は、作家が完全な表現者であり、大胆な色彩の使い手であり、どんな絵画の無理難題でも実現できる技術をもった魔術師であることを示しているのである。柔らかく降る雪に彩られた薄暗い灰色の空をつくって、紙を切って大聖堂のステンド・グラスを飾る。彼の解決法は極めてシンプルである。  
土曜日までの本展は、言わばすべての世代の子ども達を魅了するものであるが、選挙権をもつ年齢に達したアーティストも興味をもつべきであろう。切り紙の技法、大きな目の子ども、漫画のようなフィギュア、子ども時代の無垢性、そして日本のポップ・カルチャーは、すべて昨今の多くの美術作品に見られる要素である。西洋人が知らない、それらの影響の源、あるいは前例がここにあるのである。
ーロバータ・スミスー
   
<英文>  
Collage Plus Pyrotechnics  
By ROBERTA SMITH
Published: October 7, 2004
 
   
At 80, the Japanese artist and illustrator Seiji Fujishiro is having his first solo show in New York, in the lobby gallery of the Nippon Club, just across from Carnegie Hall, at 145 West 57th Street. "Symphony of Light and Shadow" is close to irresistible, as might be expected from something that combines aspects of an origami fest, a Walt Disney medley and the Lord & Taylor windows at Christmastime.

It is not stretching things to call Mr. Fujishiro the Japanese Disney. Trained in painting, he supported himself after World War II doing shadow-puppet shows, becoming so enamored of the effects of light and dark that he figured out a way to translate them into art. He invented a dizzyingly intricate form of cutpaper collage, lighted from behind, called kage-e (pronounced kah-geh-EH), or shadow picture.

His jewel-toned fairy-tale images are as embedded in Japan's collective memory as, say, Homer Simpson is in ours. They have appeared regularly in newspapers, magazines, children's books and even textbooks. In the late 1960's, one of his puppet characters, a frog named Keroyon, starred in a hit children's television show.

In the darkened gallery at the Nippon Club, where some of the images are doubled and even tripled by flanking mirrors or pools of water, Mr. Fujishiro's work shows him as a consummate showman, a fearless colorist and a technical wizard who can meet any pictorial challenge. Cut paper for a cathedral's stained-glass windows is one thing, but for a hazy gray sky punctuated with soft orbs of falling snow? His solution is dazzlingly simple.

This show, which runs through Saturday, will appeal to the demographic known as children of all ages. But contemporary artists who have reached voting age should also take note. Cut paper, wide-eyed waifs, cartoony figures, childhood innocence, bright color and Japanese popular culture figure in hundreds of artworks these days. Here's an influence, or at least a precedent, Westerners may not know about.

ROBERTA SMITH

   
 

CLOSE